資料の探し方

資料の配架場所

大気海洋研図書室の図書・雑誌は、ほとんどが東京大学OPACから検索できます。
(カード目録はありません)。

図書や雑誌は、図書室(閲覧室および書庫)または各分野(研究室)に置かれています。
どこにあるかは、OPAC検索結果の「配架場所」「請求記号」「コメント」を確認します。

なお、大気海洋研図書室では学位論文は所蔵していません。
東京大学の学位論文は、原則として所属研究科の図書館・室で所蔵しています。
詳しくは東京大学学位論文データベースをご参照ください。

OPACの配架場所が「大海研・気候系」と表示されている資料は、気候システム研究系図書室(総合研究棟)所蔵です。
ご利用については必ず事前に担当者(ishiguro@aori.u-tokyo.ac.jp)にメールでお問合せください。

国際沿岸海洋研究センター(大槌地区)所蔵の資料について
 震災以降利用停止にしていましたが、使用できるものはすべて柏地区に運び込みました。
 OPACで検索できる資料に関しては貸出・複写が可能になりました。
 ただし一部資料は海水を被っており状態が良くないものもありますのでご了承ください。

大気海洋研図書室資料配置図(pdf)

閲覧室 主に図書と官公庁資料、新着雑誌があります。図書は数字で始まる請求記号、官公庁資料はアルファベットで始まる請求記号が表示されています。
また、天気図などのCD-ROMや海洋関係のビデオ等があり、閲覧室内でも視聴できます。
書庫 雑誌のバックナンバーが書名のアルファベット順に並んでいます。コメント欄に「洋雑誌A」のように表示されています。
また、マップケースには、海洋研究所創設時以来の比較的古い海図があります(新しい海図は観測研究推進室で管理しています)。
大気海洋研究所図書室所蔵海図(pdf)
そのほか、コピー機、マイクロ資料、マイクロフィッシュリーダー(コピー機能なし)、バインディングマシン(簡易製本機)があります。
各分野(研究室) 研究用図書があります。「配架場所」に分野名が表示されています。
各分野の図書の利用は、分野に所属する人が優先です。分野のルールに従って正しく手続きをしてご利用ください。
所外の方が分野図書の利用をご希望の場合は、まず大気海洋研図書室にお問合せください。
気候システム研究系図書室 配架場所が「大海研・気候系」と表示されています。
発行年が古い一部の図書はOPACで検索できません。(2014年3月現在約53%登録済)
気候システム系図書室のホームページの「蔵書リスト」をご参照のうえ、資料の利用状況については気候システム系図書室担当者(ishiguro@aori.u-tokyo.ac.jp)にメールでお問合せください。

OPAC表示の例

図書

ほとんどが閲覧室または各分野にあります。閲覧室では請求記号の順に並んでいます。
例1:海の環境100の危機 / 東京大学海洋研究所DOBIS編集委員会編
図書
柏キャンパスでは、大気海洋研と柏図書館で所蔵しています。
大気海洋研では、請求記号「468:8:U」の場所にあります。

例2:海からみた地球環境 / 須藤英雄編著
分野図書
柏キャンパスでは大気海洋研で所蔵しています。
大気海洋研では、海洋大循環分野にあります。(分野の図書の利用は分野所属の方が優先となります)
所外の方が分野図書の利用をご希望の場合は、まず大気海洋研図書室にご連絡ください。

雑誌

新着雑誌は閲覧室入り口側に、バックナンバーは書庫にあります。
それぞれ、和洋別にタイトルのアルファベット順に並んでいます。
例:PICES scientific report
例(雑誌)
書庫の「洋雑誌P」の場所にあります。

例:Antarctic science
例(気候系)
気候システム研究系図書室所蔵雑誌です。

官公庁資料

閲覧室または書庫にあります。閲覧室では請求記号の順に並んでいます。
例1:サンマ資源 : その生物学的考察と漁業 / 堀田秀之[著](水産研究叢書 ; 4)
例(官公庁資料)
閲覧室の「F61:S01:1964」の場所にあります。

また、官公庁の資料でも、雑誌扱いで書庫に配架されているものもあります。
例2:船と海上気象 / 気象庁
例(官公庁資料・書庫)
書庫の「和雑誌F」の場所にあります。