利用登録はお済ですか?

 詳細は利用案内(所内者)利用登録をご覧ください。

資料の取寄せをはじめるには

東京大学附属図書館 MyOPAC 文献取寄サービス利用申請書を図書室に提出してください。
大海研の利用者が文献複写等の経費を支払い可能な予算は「運営費交付金」のみです。
現在は無料で利用可能ですが、将来経費負担が発生する可能性がありますので、申込書の「支払責任者」欄に必ず「支払責任者の印」をもらってください。

MyOPAC

MyOPAC MyOPACログイン にログインすることにより、東京大学図書館システムを通じて、学内から文献を入手することができます。
PDF(学内のみ)、紙のコピー、または図書貸借の申し込みが可能です。
東京大学附属図書館利用証に印字されている10桁の利用者コードでMyOPACにログインできるようになります。
最初のログイン時に自分でパスワードを設定してください。 利用証

資料の取寄せ手順

  1. 電子ジャーナルやデータベース、大気海洋研図書室の資料を探す。
  2. 1で見つからず、学内所蔵がある場合はMyOPACにログイン後OPACで検索して「PDF」、「コピー」、「図書の借用(予約/取寄せ)」を選択して申し込む。
  3. 学内所蔵がない場合、「他大学から取寄せ」から申し込む。

※複写・貸借の申込は、必ずMyOPACを通じて行ってください(口頭、紙、メールでの依頼は受け付けません)。

学生希望図書の推薦について

学習・研究支援の一環として、所内に在籍している院生・研究員のみなさんの図書購入希望を随時受け付けています。
希望する図書が図書室に所蔵されていないことをOPACで確認のうえ、学生希望図書申込書(pdfexcel)に必要事項を記入し、カウンターまたはメール(図書室宛て)にて申し込みください。 MyOPACからも申込みが可能です。
 ※希望理由欄には、図書室の蔵書として必要である理由を記入してください。


利用上の注意

 ・図書委員会にて購入可否を決定します。
 ・利用可能になった場合はメールにて連絡します(購入不可の場合も同様)。
 ・早急に利用したい場合は、学内の他キャンパスや他大学から取寄せることもできます。詳しくは資料の取寄せ手順をご覧ください。
 ・MyOPACからの申込み方法は、こちらをご覧ください。
 ・教員の方は、図書委員にご推薦ください。


学生希望図書採択基準

 以下の「学生希望図書採択基準」に基づき選定を行ないます。

 選定する図書の範囲は次のとおりとする。
  ・所内学生の学習および研究を支援するための図書

 上記にかかわらず次にあげる図書は選定しない
  ・図書室の蔵書として不適当なもの(小説など)
  ・各種資格試験の参考書・問題集
  ・継続的に購入が必要になるもの(逐次刊行物・データベース)
  ・絶版・品切れ等のため新本で入手できないもの
  ・未刊行の図書(刊行後にお申込みください)
  ・既に図書室で所蔵しているもの

資料取寄せ・購入希望
  (所内者のみ)

利用登録
申込手続・書類
MyOPAC
資料の取寄せ手順
学生希望図書の推薦について